家具配置のシミュレーションができるARアプリが登場!リクルート住まいカンパニーが「SUUMO Measure」をリリース!

家具配置のシミュレーションがARアプリで可能に!

日本最大級の不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)が3月24日(金)、googleのAR技術「Tango」対応の家具配置シミュレーションできるスマートフォン向けアプリケーション 『SUUMO Measure』の配信を開始したと発表しました。

このアプリは、TangoをサポートしたAndroidスマートフォン「Phab 2 Pro」向けに提供されるもので、ARの技術を活用してスマートフォンの画面上に3Dオブジェクトを表示することで、簡単に配置シミュレーションが可能になります。

Phab 2 ProとTangoについて詳しくはコチラ

http://www3.lenovo.com/jp/ja/tango/

アプリの使い方

家具・家電のサイズをまずはアプリに登録。

登録したサイズの家具や家電が希望の場所に配置できるか、圧迫感がないのかを視覚化でき、簡単に確かめることができます。

まとめ

GoogleのAR技術「tango」を使用できる機種が前述で紹介した「Lenovo Phab 2 Pro」しかないため、同機種を持っていなければアプリを使用できないという制限があります。

今後、AR技術に対応したスマートフォンがより普及されれば、こういった家具配置シミュレーションなど、日常的に便利なARアプリを使う日も近いんではないでしょうか?
「Lenovo Phab 2 Pro」をお持ちの方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

アプリ:「SUUMO Measure」
価格:無料
対応機種:Lenovo Phab 2 Pro
ダウンロード:Google playはこちら