2017/03/28

HTC Viveの周辺機器『Viveトラッカー』が開発者向けに販売開始!…が即日売り切れ!何がそんなにスゴイのか?

Viveトラッカーが開発者向けに販売開始!

HTC社はHTC VIVE用の周辺機器Viveトラッカーを、3月27日に12,500円(税込)で開発者向けの販売を開始しました。

販売元URL:https://vive.degica.com/c/cart ※3月28日現在、売り切れにより入荷待ちの状態。

製品名:Vive Tracker(Viveトラッカー)
同梱品:トラッカー、USBケーブル、2.4 GHzドングル、ドングルクレードル
完全充電時の使用可能時間: 約6時間

Viveトラッカーとは

Viveトラッカーは3つの突起物がついた、一見しただけでは何に使うのかまったくわからない装置です。
その用途は、直径10cm程度の小型デバイスであるViveトラッカーを物体に装着させることによって、仮想世界の中にその物体を取り込むことができるというもの。

2017年1月にラスベガスで開催された世界最大規模の最新テクノロジーイベントCES2017にて行われたデモンストレーションでは野球バット、グローブ、カメラ、消火ホース、銃などがコントローラーとして使われていました。

また、公式ホームページの製品情報によるとカメラに装着することによってMR(複合現実)ビデオとしての録画が可能になるということです。

Viveトラッカーを装着したグローブ型コントローラー『Noitom Hi5』

こちらは5本の指の動きをトラッキングするグローブ型コントローラーNOITOM社開発の『Noitom Hi5』です。

両手首にViveトラッカーが装着されており、従来のゲームコントローラーやスティックタイプのコントローラーでは得られないような、かつてない没入度を実現させることになるでしょう。

可能性は無限大!

まさに手のひらサイズの魔法のアイテムといったところのViveトラッカー。今回の販売をきっかけに開発はさらに進んでいくことでしょう。
なお一般ユーザー向けの発売は2017年末で価格は300ドルの予定となっています。