VR空間内で会える!VRソーシャルアプリ「cluster.」の正式版が2017年5月にリリース決定!

ひきこもりを加速する バーチャルルームアプリ

クラスター株式会社が開発しているVRソーシャルアプリ「cluster.」
そのティザーサイトとPVが、本日2017年4月4日(火)に公開されました。

「cluster.」は、VR上に共有の部屋(ルーム)を作って他のユーザーと集まったり、イベントやライブなどでは何百人規模で同時に集まって楽しむことができるソーシャルVRアプリ。
Oculus RiftやHTC ViveなどのVR HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着してVR空間に入ることで、他のユーザーとコミュニケーションが取れるようになります。

2016年にVRイベントとしてα版サービスを実装していましたが、その時点ですでに900人同時接続の実現に成功。
5月には正式版がリリースされる予定です。

VR空間でできること

作成したルームで少人数で集まる

VR空間ではロボットのようなアバターとなり、頭上のアイコンとユーザー名で個人を表現。
自由にルームを作成でき、他のユーザーを自分のルームに招待することで様々なことが共有可能になります。

招待の仕方は、生成されたURLをSNSでシェアしたり、直接招待したい人に送ることで簡単にできます。

cluster.ルーム1人

cluster.ルーム2人

cluster.会議

パソコンの画面を共有できるため、少人数で同じ画面を見ながらゲームをプレイしたり、マイクを使えばスクリーンに映した資料を複数人で見ながら会議をする、といった様々な使い方が可能になります。
PV映像では、アバターの目の前にファイルの一覧のようなものが現れ、アバターが手でスライドして動かす様子もあります。

イベントやライブなど大人数で楽しむ

自分でイベントを開催したり、誰かのイベントに参加したりできるほか、様々なコンテンツを大勢で集まって楽しむこともできます。
有料チケット機能を使えば、VR空間上で有料のイベントを開催することも可能に。
今後、対応端末の開発が進めば、音楽・ライブやアニメ・ゲームなどのイベントが、VR空間内で開催され始める時代になるかもしれません。

cluster.映画

cluster.ライブ

cluster.イベント

PV映像では、アバターの頭上にスマイルマークやハートマークが浮き上がる瞬間がありました。
SNSで利用されている「いいね」ボタンのような、コマンドの存在が予想されます。
また、現時点では、Oculus Rift、HTC Vive、非VRユーザー向けにWindows PC、Mac OSが対応端末として使用できます。

【cluster.正式版リリース】事前ユーザー登録&テスター募集

5月の正式版リリースに先駆けて、事前ユーザー登録とテスターの募集も開始しています。

事前ユーザー登録をしておくと、正式版のリリース時に案内が届くようです。
また、テスターの募集については、下記のティザーサイトより応募可能。(抽選あり)

「cluster.」
ティザーサイト : https://cluster.mu