2017/04/09

業界最安値?大村印刷が単価100円以下の低価格スマホ向けVRゴーグル”Auggle S(オーグル エス)”を4月4日に発売!

VRが100円以下で楽しめる!

小松印刷株式会社グループの大村印刷株式会社が配布に最適な低価格のスマホ向けVRゴーグル「Auggle S(オーグル エス)」を2017年4月4日にの法人向け販売を開始しました。

2016年のVR元年からスマホ向け紙製VRゴーグルの登場により消費者にとってもVRがより身近になりました。

しかし、販促やノベルティとして多数の消費者に配布するには、従来の価格が300~500円とプロモーションツールとしては高単価が問題だと考えた大村印刷が、「すべての人にVRを」をコンセプトに「Auggle S(オーグル エス)」を開発しました。

今回の「Auggle S(オーグル エス)」は、手作りのキット型の紙製のVRゴーグルで、ロット3000個の場合1個あたり100円以下と、 これまでのスマホ向けVRゴーグルの製品に比べ低価格で提供しています。

また、購入者の依頼に合わせたオリジナルデザインも可能。
セールスプロモーションの可能性を大幅に広げることができる商品で、年内に300万個の出荷を目指している公式HPで大村印刷は発表しています。

製品情報

低価格ながらも没入感は損なわない形状

上下左右、全て遮られる構造。
低価格でも没入感はそのまま。

組立が簡単

A4シート1枚に収まるシンプルなコンパクト構造。※展開時。
女性や、子供工作が苦手な方にも組立てやすい。

3.1眼レンズ

1眼レンズを採用。
3D酔いもなく、12歳以下の子どもでも使用が可能。

まとめ

「Auggle S(オーグル エス)」の販売は今回は法人向けなので、大量購入して単価100円になるといった感じですが、 これが企業だけではなく一般向けで購入できたり、100円ショップなど卸して販売すれば、より多くの人がVR体験が身近になるのではないでしょうか?

それが実現できれば、ポテトチップスを買うぐらいの感覚で購入できるので、紙製のVRゴーグルではありますが、「VRがひとり1台の時代」になるかもしれません。

(参考)
公式サイト