PlayStationVRの再入荷日が4月29日に決定!前回のPSVR再販時の購入レポートも掲載!

PlayStation VR(PSVR)本体の追加販売が4月29日(土)に決定!購入可能な店舗まとめ!

もはや毎月恒例行事となりつつあるPlayStation VR(PSVR)の追加販売日が4月29日(土)に決定しました。
SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の発表によると、以下の店舗から購入が可能となります。

オンライン購入可能SHOP

ソニーストア(公式通販サイト)
Amazon.co.jp
Joshin Web
TSUTAYA オンラインショッピング
ビックカメラ.com
ヨドバシ・ドット・コム
楽天ブックス

実店舗での購入可能店舗

各都道府県ごとの購入可能な実店舗は 公式サイトよりご確認下さい。

簡易レポ!前回のPSVR再販時の流れ~ヨドバシ梅田の場合~

先月のPSVR追加販売は3月25日(土)に行なわれました。
筆者はその時に大阪のヨドバシ梅田にてPSVRを1台購入していますので、どんな様子だったのか簡単ではありますが、まとめてみました!

再販前日の動き

再販日を明日に控えた3月24日金曜日、昼過ぎにヨドバシ梅田に電話で問い合わせてみましたが、その時点で詳細はわからず。
『20時頃に店舗にて情報を張り出す』との話だったので、20時30分頃にヨドバシ梅田に到着するとゲーム売り場にこのような張り紙が…

PSVR追加販売

もっとも知りたかったのは『先着順』か『抽選』かという点でしたが、ヨドバシ梅田は前者をチョイスした模様です。

なお、前回が先着順だからといって次も先着順になるは限りません。
実際に、2月は先着順だったのに3月は抽選だったという店舗もありましたので、基本的には前日に購入予定の店舗で販売方法を確認する必要があります。

この時に、店員さんに聞いてみましたが、販売台数はこの時点でも「わからない」との回答でした。
さらにPlayStation4 Pro本体もこの日に売り切れたとのこと、明日は戦争だ・・・。

いよいよ販売当日!

PSVR難民の朝は早い。
午前4時頃、カーテンを開けたところで黒一色、幾分も変わらない部屋で目覚めた私は、繁華街で朝まで飲んでいたサラリーマンを横目に始発の電車に乗り込み、大阪梅田駅に向かった。

ヨドバシ梅田に到着したのは午前5時30分ごろ、静かに蠢(うごめ)いている黒くて巨大な1つの生き物のようにも見える怪しげな集団が、駐輪場の横の広いスペースに列を作っていた。
異様な光景にも思えたが、間もなく自分もその塊の一部になった…。

列の様子

列に並んでいる人たちの男女比は9.5:0.5くらい。
実は『アメリカのVRユーザーの40%は女性』なんてデータもあるそうですが、日本ではまだまだゲームは男性のものという側面が強いのかも。

ただ、「VRが何の略かすらわかっていなさそうな怪しげな集団」も2割くらいいましたかね…。
この点に関してあえて多くは語りませんが、欲しがっているユーザーの手にきちんと渡るような体制にして欲しいと休日の朝を犠牲にした人間の1人として切に願います。

今回並んだ人数は約300人。その日に販売されたPSVRは250台だったので、開店前に並んだのに購入できなかった人が50人はいることになります。

整理券配布開始!

しだいに日が昇り出した6時30分ごろ、いよいよ整理券が配布され始めました。
この時にようやく入荷台数が250台(本体のみ+カメラ同梱版あわせて)であることが発表されました。
自分は200番台だったのでけっこうギリギリの購入となりました。危なかった~。
ちなみに会員カードを持っていない方のために店員さんが列をまわって、その場でカードを発行できるようにしてくれていました。
開店前だというのにご苦労様です。本当にありがとうございます。

PSVR再販整理券

そして購入へ・・・

基本的に列から離れてはいけない為、その場で寒さと戦いながら待つこと1時間半。
午前8時頃になってヨドバシ梅田のゲームコーナーのみがプレオープンとなり、8時30分ごろにようやくプレイステーションVRカメラ同梱版をゲット!
ヨドバシのポイント10%もついておいしかったですよ。
ちなみに、これは後から知ったことですが、前日売り切れていたPlayStation4 Pro本体もPSVRと一緒に入荷していたそうです。

まとめ

こうして私は苦労して手に入れたPSVRを大事に抱えたまま、「ドラクエ狩り」ならぬ「VR狩り」に合わぬよう願いながらこそこそと帰宅しましたとさ。

PSVR追加販売

これが先月のPSVR再販日の流れです。
SIEは品薄状態の続くPSVRに関して、「4月から改善する」という発言を過去にしています。
願わくば、普通に買いたいと思ったユーザーが、店頭ですぐに買える日が一日でも早く来て、1人でも多くのユーザーに革新的なVRの世界を体感して欲しいと思います。

(参考)
playstation.com公式サイト