AR/VRに本格対応のスマホ『Zenfone AR』今夏発売!価格は82,800円から!

Zenfone ARが2017年夏に発売決定

ASUSはAR/VR対応のスマートフォン『Zenfone AR』の日本での発売を発表しました。
発売時期は2017年の夏の予定。
価格は、6GBメモリ/64GBストレージモデルが税別82,800円で、8GBメモリ/128GBストレージモデルが税別99,800円となっています。

『Zenfone AR』はARプラットフォームの“Tango”と、VRプラットフォームの“Daydream”の両方に対応した世界初のスマホとなります。
今年1月にラスベガスで開催されたCES 2017で発表されてからというもの続報が待たれていました。

Tangoとは

TangoはGoogleが提供するAR/MRのプラットフォームのことで、本体に内蔵された3つの異なるカメラを使ってモーショントラッキングとルームマッピングを行い、そこにデジタル情報を重ねることによって現実世界に仮想のオブジェクトを設置することができます。
ポケモンGOのイメージの強いARですが、Tangoでは単純にイメージを合成するだけでなく、室内の形状を認識させることができるのが特徴です。

Daydreamとは

DaydreamはGoogleが提供するAndroid用のVRプラットフォームのことで、対応しているスマホと専用のVRヘッドセットDaydream Viewを使用すれば高い水準のVR体験が可能になります。
Daydreamの仕様規定を満たすスマホのみがDaydream対応機種という認定がなされます。

主なスペック

■OS:Android 7.0
■CPU:Snapdragon 821 2.35GHz 4コア
■RAM:6GB/8GB
■ストレージ:64GB/128GB
■カメラ:2300万画素
■前面カメラ:800万画素
■SIM:SIM1:nanoSIM
■重量:170g
■価格:RAM6GBモデル、税別82,800円/RAM8GBモデル、税別99,800円