初音ミクが現実世界に散歩できるARアプリ『ミク☆さんぽ』がニコニコ超会議に出展

初音ミク×ニコニコ超会議2017×AR

ミク☆さんぽ

KDDI株式会社とクリプトン・フューチャー・メディア株式会社は、AR/VR/MR技術を活用したコンテンツ事業を両社で協力して実施するための基本合意書を締結したことを発表しました。
今後1年間を通して初音ミクなどのキャラクターを使ったサービス開発を行なっていきます。

その一環として4月29日(土)、30日(日)に開催されるニコニコ超会議2017にARアプリ『ミク☆さんぽ』が出展されます。
設置されるのは幕張メッセの国際展示場8ホールの「超ボーカロイドエリア」内の『初音ミク超会議ステージ2017』ブース。

ニコニコ超会議2017に関する記事はこちらから↓
『ニコニコ超会議2017』のVR関連情報まとめ!「VR蓮舫」、かめはめ波が撃てる「BotsNew」などのブースが多数出展

ミク☆さんぽとは

ミク☆さんぽは、Google社の開発したリアルタイムに空間認識を行ない、仮想オブジェクトを現実世界に重ねて表示させるTangoというAR技術を使ったアプリです。

2月に札幌で行なわれたイベント「au×SNOW MIKU2017」でも出展されています。
その時の様子はこちら↓ ちなみにミクと一緒に写真撮影することも可能です。

今回ニコニコ超会議に出展されるバージョンのミク☆さんぽでは、初音ミク生誕10周年記念ギャラリースペースを一緒に散歩することができます。
来場者にはアプリがあらかじめインストールされているスマートフォンPhab 2 Proを貸し出され、コンテンツを楽しむことができます。

初音ミクファンはもちろん、最新のAR技術Tangoの精度を確かめるためにも足を運ぶ価値がありそうです。

(参考)
ニコニコ超会議2017
KDDIニュースリリース
au.com