『ニコニコ超会議2017』体験レポートまとめ!ARやVR関連のブースを回ってきました!

『ニコニコ超会議2017』体験レポート!

2017年4月29日、30日に幕張メッセで開催されました『ニコニコ超会議2017』を取材・体験してきましたので、イベントの詳細や様子をレポートします。

“幕張メッセ到着”

幕張メッセに着く前からもう人でいっぱい!

“超会議案内看板”

いざ!参ります!

“長蛇の列”

朝からすでに長蛇の列。
さすが、登録会員数6000万人を超える「ニコニコ動画(通称:ニコ動)」最大級のイベントです。

“会場の様子”

会場内はさらに溢れんばかりの人!人!人!
さて、入場できましたので、色んなARやVR関連のブースをまわって来ました!

AR・VR体験レポート一覧まとめ

VR蓮舫~なんか超刺激欲しいーって貴方、ここに駆け込め!~

“VR蓮舫”

10時の開演と同時に目指すは民進党ブース!
お目当てはもちろん話題の『VR蓮舫』です。

まさかの180分待ちで心折れそうになりながらも、3時間並んで『VR蓮舫』を体験してきました。
右の人差し指に動揺を検知するセンサーをつけ、ひたすら蓮舫議員に罵られる無限にも感じられる地獄の3分間!

心拍数の動きを元に判定される『総理大臣の器があるか』をランク付けされる仕様でした。
ちなみに総理大臣適正はDランクという無念の結果に。。

BotsNewで超VR!ドラゴンボールZ

“BotsNew”

次に向かったブースは、子供の頃からの憧れ「かめはめ波」が打てるVRコンテンツの『BotsNew Characters VR ドラゴンボールZ』

VRヘッドセットと右手に専用のコントローラーを装着し、タイミングを合わせて悟空と「かめはめ波」対決ができるという夢のような演出!
発売前ということで、とても貴重な体験ができました!

ウインVRドン

“ウインVRドン”

続いて向かったのは、『NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017』のブース。
テニスプレイヤーの錦織圭選手と同じテニスコートに立って、サーブを打ち返すという『ウインVRドン』を体験してきました。

HTC Viveの専用コントローラーを装着したラケットを使い、エア・ケイの強烈なサーブをレシーブ!
本当に錦織圭選手とプレイしているような気分で、エア・ケイにも圧倒されてしまいました。

Japan VR Fest.

“Japan

『超まるなげひろば』の一角にあるVRのコミケこと『Japan VR Fest.(旧オキュフェス)』
ここではさまざま革新的なVRゲームを体感することができます。

プレイしたのは『ボクセルショットVR VoxelShotVR』
HTC Viveコントローラーを使って、迫りくる可愛らしいドット風のゾンビ達と戦うガンシューティングアクションゲームでした。
操作を誤ってゾンビに蹂躙されてしまいましたが、武器も豊富でガンシューティング好きにはおすすめしたいゲームです。

大相撲ニコニコVR場所

“大相撲ニコニコVR場所”

VRで自分が力士になったかのような疑似体験を味わうことができる『大相撲ニコニコVR場所』
HTC Viveをつけるとそこは土俵の上。
そして、目の前にはあの白鵬関の姿が!

バーチャルと分かっていても、その力強さと空気に圧倒されてしまいました!

超歌舞伎

“超歌舞伎”

昨年の『超歌舞伎』と同じように、歌舞伎の舞台と迫力のある映像が展開しながら、物語が進んで行きます。
ARとなり登場した花魁姿の初音ミクも素敵でしたが、なんと言っても舞台を縦横無尽に駆け回る演者達のお姿が映像も合わさって迫力満点!

超歌舞伎ならではのデジタルとアナログが融合した演出に、普段あまり歌舞伎に馴染みのない方でも心踊るような、素晴らしい時間となりました。

「超フードコート」で食事タイム

お腹が空いたら「超フードコート」で食事ができます。
※写真はお昼時のピークを過ぎていたので、結構すいています。

“超フードコート”

「超フードコート」では、ニコニコ超会議ならではのメニューもありました。

“超フードコートメニュー”

残念ながら、すでにテレビちゃんまんは売り切れてしまっていました。
しかし、超今川焼き2個セット(つぶあん&カスタード)をゲット!

“超今川焼き”

絵が可愛くて食べるのがもったいないところですが、美味しくいただきました。
ごちそうさまでした!

ARやVRのブースをメインに回ってきましたが、全て回りきれないほど、あちこちで盛りだくさんのイベントが行われていた『ニコニコ超会議2017』。
興奮冷めやらぬまま、終了の時間となってしまいました。

“超会議祭りの後”

今年の『ニコニコ超会議2017』は、昨年よりもまた進化したARやVR技術の数々で、濃い内容の2日間でした。
ARやVRを知らなかった人も体験したことがなかった人も、このイベントを通して興味を持って、どんどん普及していけば良いなと思います。

(関連URL)
ニコニコ超会議2017