【マチ★アソビ体験レポ】『徳島VR映像祭』でVR体験祭り!

マチアソビ東新町商店街

2017年5日(金)〜7日(日)に徳島県徳島市内で開催された『マチ★アソビ vol.18』
そこで行われたVR関連のイベントに参加してきました。

マチ★アソビについて、VR関連イベントのまとめ記事はこちらから↓
GWは徳島県のイベント「マチ★アソビ」で、世界初となる『VR映像祭』を体験しよう!

徳島VR映像祭フルダイブハウス~VRアニメーション祭り~

フルダイブハウス外観

東新町商店街の空き家スペースにて、「徳島VR映像祭フルダイブハウス」がオープン。
主催はMyDearest株式会社で、開催期間は3日間全て、1日中いつ行ってもVR体験ができるということで、連日は朝からVR体験者で賑わっていました。
中には、毎日足を運んでVRを体験していた方もいたとか。

フルダイブハウスでは、集英社「ジャンプ美術館」「ジャンプミュージアム」講談社のVRアイドルプロジェクト「Hop Step Sing!」を始め、GOROman氏制作のVR空間上で初音ミクを眺めながら過ごす「Mikulus」株式会社桜花一門制作のゾンビだらけ島から脱出を図るホラーアドベンチャー「ChainMan」など、様々なVR作品が体験できます。
Oculus RiftやHTV Vive、GearVRなどのVRヘッドセットを使用したVR体験に、たくさんの人が歓声をあげながら楽しんでいました。

フルダイブハウス様子1

フルダイブハウス様子2

フルダイブハウス様子3

マチ★アソビではコスプレエリアもあるため、コスプレイヤーがコスプレをしたままVRを体験しに来るといった場面も見受けられました。

徳島VR映像祭フルダイブシアター

5日には、「徳島VR映像祭フルダイブシアター」と題して、実際に映画館の一室にてトークイベント+VRアニメーションの上映会が行われました。

登壇したのは、制作したVR作品をフルダイブハウスで出展もしていたGOROman(株式会社エクシヴィ代表)氏と高橋建滋(株式会社桜花一門代表)氏、司会/進行は有野いく(声優/タレント)さん。
川原礫氏によるライトノベルSAO(ソードアート・オンライン)の世界は到来するのか!?といったトークテーマで語られました。

フルダイブシアター

デジタルクリエイター人材発掘セミナー

6日にあわぎんホールで行われた、とくしま産業振興機構主催「デジタルクリエイター人材発掘セミナー」には、上記3人に加え、アニメーション監督の水島精二氏も登壇ゲストとして登場。
アキバブロードキャスターのササキチ氏の司会/進行で開始した、業界のキーマンが語るトークイベントでは「VRはアニメの未来を変えるのか!?」というテーマで語られました。

最後には、「将来、VRのクリエイターになりたいか?」という内容の質問に、多数の方が手をあげる結果に。VRを体験したことがある方も、そうでない方にも響く内容となりました。

また、両日ともに謎になっていたシークレットゲストとして、VRヘッドセット”Oculus Rift”の発案者でもあり、Oculus創業者のパルマー・ラッキー(Palmer Luckey)氏が登壇する一幕も。
会場からは拍手とともに歓声が湧き起こり、パルマー・ラッキー氏の話す内容に、熱心に耳を傾けていました。

デジタルクリエイター人材発掘セミナー

記念撮影の様子(左から水島精二氏、GOROman氏、パルマー・ラッキー氏、高橋建滋氏)

パルマー・ラッキー氏はコスプレイベントにも参加。
Twitterでは、数多くのタイムラインが流れ、新聞やTVのニュースになるほど話題となりました。

(参考)
マチ★アソビ
徳島VR映像祭