2017/05/21

VR空間で3Dモデルを作成できる『Makebox』のHTC Vive版がリリース!

積み木感覚で3Dモデルを作成できる『Makebox』が新たにViveに対応!

Makebox

株式会社ViRDは、VRモデリングアプリ『Makebox』をHTC Viveに対応させたことを発表しました。
もともとは、Oculus Riftでのみ体験可能だったアプリがViveユーザーでも楽しめるようになった形です。

MakeboxとはVR空間で積み木感覚で3Dドットモデルを作成できるアプリで、2本のコントローラーを使っての直感的な操作が可能です。

まずは↓の動画をご覧下さい

作成した3DモデルはMakeboxのWebサイトに、アプリを使ってアップロードすることができたり、Twitterへの投稿も簡単にできます。

さらにobjファイルとして書き出せば、3Dモデリングツールで編集することでき、ゲームエンジンのUnityやUE4に取り込めばモデルをそのまま使用することもできます。

といったように単純に書いて遊ぶというだけではなく、多様な用途に使えるのがMakeboxの最大の魅力となっています。
購入はViveportから行なうことができます。

アプリ概要

(HTC Vive版)Makebox
■価格:1200円
■プレイヤー人数:1人

(参考)
Viveport販売ページ
Oculus Store販売ページ
Makebox公式サイト