AIによる画像認識+AR表示…グーグルの革新的な新サービス『Google Lens』発表

『Google Lens(グーグルレンズ)』発表

Google Lens

Googleの年次開発者会議『Google I/O 2017』にて、スマートフォンのカメラで撮影した映像を元に、AIが映っている物体が何なのかを判別し、リアルタイムで検索してくれるアプリ『Google Lens』の発表が行なわれました。

プレゼンテーションでは、道端に咲いている花をスマホで撮影すると、どんな種類の花であるかをAIが判断し、その花に関する情報を出してくれたり、店の外観を撮影すれば、その店舗の営業時間などの基本情報から評判までをAR表示してくれる様子を紹介。
また、WiFi情報を載せたカードを読ませれば、自動的にWiFi接続まで行なってくれます。

Google Lens

花にカメラを向けると、形・色などを判断材料にして、AIが花の名前まで特定してたり・・・

Google Lens

街中で見つけたレストランの看板を撮影していくと、名前からお店の評判までがあっという間に表示されます。

Google Lens

文字入力が面倒なWiFi接続もカメラで映すだけでOK。

Google Lens

プレゼンでは日本のたこ焼きも登場。
言葉がわからない国に旅行したときもGoogle Lensがあれば・・・

Google Lens

このようにあっという間に自動で翻訳してくれます。
知らない言語を文字入力して検索するのは非常に困難なため、旅行先で重宝されそうです。
でも6個入り130円って、タコが入っているのか不安になるくらい安いですね(笑)

まとめ

従来は調べ物をする時に文字入力して検索していましたが、Google Lensを使えば、カメラ撮影して情報収集する時代が、そう遠くない未来にやってきそうです。
配信時期は正式に発表されていませんが、今後数ヶ月以内と予想されていますので、続報に期待です。

(参考)
Google I/O 2017