AR時代の幕開けぜよ!そもそもARとは?VRとは何が違うの?【超入門編】

ARとは?

VRという言葉は聞いたことがあっても、ARという単語はまったく知らないという方も多いのではないでしょうか?

ARとはオーグメンテッドリアリティ(Augmented Reality)の略称で、日本語で言うと“拡張現実”または“強化現実”“増強現実”などと訳されています。

何だか、わかったようなわからないような言葉ですが、具体例を出すと
『ポケモンGOで現実世界にポケモンがいるように見える』というアレのことです。

カメラの撮影した映像の上にピカチュウの画像を重ねることによって、現実世界を“拡張”あるいは“増強”している…といったイメージでしょうか。

ARとVRの違いは?

混同されることが多いので簡単な言葉でまとめてみました。

VR(仮想現実):ユーザーが仮想世界に入ってしまう擬似体験。
AR(拡張現実):コンピューター内の要素が現実世界に入ってくる(ように見える)。

ARって何ができるの?

では実際ARを使うとどんなことができるのでしょうか?
AR技術を用いた実用例をご覧下さい。

お部屋に家具を置きたいけど、イメージがわかない…IKEAの電子カタログを使えばこのとおり。

もうカーナビ見るためによそ見をする時代は終わりました。

スマホを通してみる“動く美術館”

ポスターからアイドルが飛び出てきた!?

いかがでしたでしょうか?
実際に見てみて、なんとなくイメージが掴めたことと思います。
また、VRと同様にARも実際に体感してみることをオススメしますよ!