今日からはじめるVRライフ!数百円で体験できるスマホVRからウン十万かかる高級機まで!

VRのはじめかた!

昨年から盛り上がりを見せているVR業界。
持ってはいないけど、気にはなっているという方も多いのではないでしょうか?
しかし一口にVRと言っても、いろんな体験の方法があるって知ってました?
この記事ではVRを始めるための第一歩目の足の踏み出し方をお教えします。

VRはゴーグル型のHMDを装着して映像を楽しむものですが、それ単体では機能しません。
別途機器が必要となってくるのですが、大きく分けて3つの方法がありますので1つずつ紹介してまいります。

VR一覧

スマートフォンを使ったVR体験

もっともお手軽にVR体験を出来るのがスマホを使った方法です。

①VR用のスマホ装着型ゴーグルを購入します。

お値段は数百円~15000円ほど。
材質、装着感やメガネ使用の可否、視野の広さ、ピント調節の性能などの違いがあります。

お手軽VRゴーグル

ダンボール製の安価なゴーグルでもVR体験は可能です。
また、サムスン社のVR端末“Gear VR”は対応するスマホ端末に専用のアプリをダウンロードすることで専用のコンテンツを楽しめたり、視点の動きで操作できる(ボタンでの操作も可)など、他のスマホ用のVRゴーグルとは一線を画しています。

②お手持ちのiPhone、androidスマホにVR対応のアプリや動画をダウンロードします。

iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playdマーケットなどの信頼できるアプリストア内でVRと検索するだけで、たくさん出てきますのでインストールします。

③スマホでダウンロードしたアプリを起動させて、ゴーグルに差し込んで、装着する。

以上です。ね、簡単でしょう?
VRを体験した人は口をそろえてこう言います「こんなに簡単ならもっと早くからやっとくんだった」
そう言ってズブズブと奥深い仮想現実の世界に入り浸るようになっていくのです…

PlayStation VRを使ったVR体験

家庭用ゲーム機PlayStation 4の周辺機器にしてVR端末のPlayStation VR(PSVR)
VRという言葉をお茶の間にまで浸透させた立役者とも言え、
2017年3月現在、いまだに品切れ状態が続くほどの人気です。

用意するものはPSVRに加えて、PlayStation 4本体(性能が向上したモデルPlayStation 4 Proを強くオススメします)PlayStation Cameraです。

このPlayStation Cameraによってプレイヤーの位置情報を調べているため、周辺機器というよりは必需品と言ったほうが正しいです。
このカメラが同梱しているPSVRもありますので、もっていない方はそちらをどうぞ。

必須ではありませんがPlayStation Move モーションコントローラー(2本)があったほうがより楽しめることができます。

PCを使った“ハイエンド”なVR体験!Oculus RiftとHTC Vive

ハイスペックなゲーミングPC(VR推奨PCの実売価格は約13万円~)を介してのVR体験は、最もコストがかかるため、カジュアルに始めるのには不向きです。
但し、その分の真なるバーチャル・リアリティ体験と言えるほど、圧倒的な“没入感”を味わえます。
また、18禁のアダルトゲームをプレイできるのも大きな魅力です。

Oculus Rift

Oculus社から発売されているHMD。2017年3/1に本体とコントローラーのセットが107,600円から76,600円に大幅な値下げをしました。
専用コントローラーのOculus Touchは他のVR機器のコントローラーよりも本物の手に近い感覚でプレイできるのが特徴です。

VR_Oculus Rift

31,000円もの大幅値下げを決行したRift。コンテンツの質・量ともに申し分なし!

HTC Vive

VR_HTC Vive

Viveの最大の特徴は何と言っても“ルームスケールVR”であるという点です。
これは部屋に位置検出用のユニットを設置しプレイヤーの位置や向きを検出するというもので、ひと言で表現すると“実際に歩いてプレイできる”ということになります。
最大で3m×4m、最小で2m×1.5mの空間が必要となるため敷居がさらに上がりますが、この没入感は他のVRで味わえるものではありません。

VR_HTC Vive

日本の住宅事情ではやや厳しいですが、仮想空間を歩きまわる体験の衝撃はピカイチ!!

まとめ

かなり簡易な説明となりましたが、いかがだったでしょうか?
改めてまとめてみます。

【スマホVR】
・スマートフォン+VR用ゴーグル=スマホがあれば最低1000円以下から始めることが可能。

【PSVR】
・PlayStation4本体(29,980円)+PSVRカメラ同梱版(49,980円)=79,960円
※本体がPlayStation4 proの場合は合計94,940円

【Oculus Rift】
・本体のみ63,800円。コントローラー付きは76,600円。
※VR推奨のゲーミングPC(13万~)が別途必要。

【HTC Vive】
・本体価格99,800円。
※VR推奨のゲーミングPC(13万~)と部屋のスペースが必要。

手軽にVR体験したければスマホVR。
PCの知識と費用があってハイエンドなVR体験をしたいのであればOculus Rift
お金とお部屋のスペースに余裕があればHTC Vive。
バイオハザード7など家庭用ゲームのメーカーの最新VRゲームをプレイしたければPSVRといった感じでしょうか。

今回はおおまかな概要のみとなりましたが、次回以降はもう少しだけ具体的な内容に入っていこうと思っています!
それでは楽しいVRライフをお楽しみください!